大いなる無駄

好奇心のおもむくまま、たゆたう日々を。

年の功

先日、とある海外派遣の一次選考に参加しました。

こういう試験はこれまで何度かチャレンジしていて、毎回残念な結果に終わっていました。

やはり不合格の烙印ってつらいのですが、それよりも思ったように話せなかった…とか緊張しすぎてうまくたちまわれなかった…とか

自分のふがいなさを痛感することが何よりも堪えていたように思います。

 

そんな私が今回感じた、というか書き記しておきたいなと思ったこと。

 

応募者には幅広い年齢層の方がいたのですが、この場にいる人に共通する気持ちが"外国語を使って働きたい"ということ。

ライバルだけど、私は少し嬉しくもありました。私が目指している方向に向かっているのは自分だけじゃないって思えたからです。

 

面接がグループごとで、日本語と外国語の二回行われました。他の志望者の発言も聞けてしまうんですよね。必然的にレベルが判明してしまいます。

まだ学生でこういう場は初めてだったんでしょう。外国語の面接で言葉が出なくなってしまった子がいました。何か言わなきゃ、でも言葉が出ない。どうしよう。他の人たちはみんな、ちゃんと話せてたのに…って彼女の思考が手に取るようにわかりました。

だってその感じ、私知ってるもの。

 

試験が終わった帰り道、彼女と一緒に帰る流れになり、いろいろお話できたのですが、その子はぽろぽろと涙を流して今日の反省をしていました。

「やってみたいなって軽い気持ちで応募したけど、自分のダメさを思い知りました…」と言うのです。

もう!!私は10年前の自分をみているようで他人事には思えませんでした。

 

学生時代私が最も苦手だったことは、人前に出て発表すること。自己PRって言葉も嫌でした。自信がなくて、そのくせプライドも理想も高くて自己嫌悪の嵐の学生でした。

でも何かしなくちゃって焦りから万博ボランティアをしたり、ロータリー財団の交換派遣留学生に応募したり、やりたいことはチャレンジしてたくさん失敗も恥もかいてきました。

だから涙を流してる学生の気持ちはすごくわかるのです。

こうありたい自分と、そうなれていない今の自分。

でも、こういうのって回数だなと思うんです。

何度も面接して、何度も失敗してまたがんばって次の面接。そんな感じで否が応でも場慣れしてきた自分がいます。 

それに学生の時はたくさん失敗するべきだと思うんです。今でも私は失敗だらけですが、

社会に出ればいろんな人と一緒に仕事をしなければいけないので、自分の至らなさにぶつかりながら進んだ結果、いやでも図太くなります。 

とはいえいまでも人前は苦手ではあるし、緊張して震えるんですけど。

 

外国語もずっと勉強していれば、あるときふっと視界が広がるような瞬間があります。私は10年もやっててこのレベルか…と虚しくなりますが、だらだらのんびりながらも、ずっと続けてきたことが私に自信をくれています。

そんなことを今回彼女のおかげで気づくことができました。

 

選考の結果は一次は合格、2次で落ちてしまいました。無念…

でも過去の自分に少しは胸を張れるような気がします。

成長してますよ、と。

 

年を重ねると気持ちが図太くなれたり、まあしゃーない!って開き直れたり、気持ちの落とし所や自分の扱い方もわかってくる。

大人になるのも悪くないです。