大いなる無駄

好奇心のおもむくまま、たゆたう日々を。

年の功

先日、とある海外派遣の一次選考に参加しました。 こういう試験はこれまで何度かチャレンジしていて、毎回残念な結果に終わっていました。 やはり不合格の烙印ってつらいのですが、それよりも思ったように話せなかった…とか緊張しすぎてうまくたちまわれなか…

笑いの壁

笑いを共有するのは難しい。 可笑しさには、視覚的なものと言葉のニュアンスで面白いと感じるものの二通りあると思う。 目で見えるものは共有しやすい。 しかし言葉のおかしさは、長年その言葉を使い親しんだものに限定されてしまう。 これは7年前、カムチャ…

神聖なる一族24人の娘たち

秋。 文化の季節です。 本日は、定期的にチェックしているミニシアターのHPで、新しいロシア映画の情報を掴み、観に行ってきました。 「神聖なる一族24人の娘たち」2012/ロシア 監督:アレクセイ・フェドルチェンコ 舞台は、モスクワから東へ600kmに位置する…

ロシア語と私

ロシア語を勉強しています。 学生のころから第2外国語で始めてから、10年。 留学していた充実期や、ロシアと全く関係のない仕事で働きアリだった忙殺期、恋愛にかまけていた休学期ありの10年。ゆるゆるです。 ちっとも上達しやしません。 それでも私なりにロ…

悪人正機

今週のお題「プレゼントしたい本」 本が好きです。 この一冊の中に自分の知らない世界や物語があるのだ、と思うとドキドキします。 自分が生きている間にどのくらいの本に出会えるだろう、世界には溢れるほど本があって絶えず新しい作品が生まれている、とて…